グルテンフリーとは?グルテンフリーの基本を知ろう

そもそも”グルテンフリー”って何?

グルテンフリーは元々英語でGluten-Freeと表記されます。グルテン(Gluten)はタンパク質の一種で小麦に含まれています。フリー(Free)は「自由な」と言う意味なので、Gluten-Freeで「グルテンフリーから放たれた」、つまり「グルテンを含まない」と言う意味になります。

グルテンフリーを始める人が多いのは何故?

グルテンフリーは元々、小麦アレルギーの人やセリアック病を持つ人などの代替食品として広まりました。近年では、「グルテン不耐症」や「過敏性腸症候群」などグルテンの摂取が不調の原因になることも判明しており、そのためグルテンフリーを始める人が増えています。しかし、これらの体調不良が小麦によるものだと判断するのは難しいため、数週間ほどグルテンフリーを試してみるのがおすすめです。

小麦は様々な食品に使われている

先ほども書いたように小麦にはグルテンが含まれているため、グルテンフリーの食生活をする上で小麦の除去は欠かせません。小麦を含む食品と聞くと、おそらく多くの人がパンやパスタを思い浮かべると思いますが、実は調味料(醤油、コンソメ等)やカレー、十割以外の蕎麦など小麦は様々な食べ物に含まれています。しかし、グルテンフリーの食材はそこまで流通していなかったり、値段が高めだったり、食材全てを揃えるのは意外と大変です。なので、もしグルテンフリーを始めようと思っている方は、少しずつ変えていくと継続しやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です